気の向くままに 陶芸のことを
福岡での展覧会に続き、京都での展覧会の、ご案内です。

第51回 女流陶芸公募展
会期 11月22日(水)~11月26日(日)
    午前9時~午後5時 (入場受付は午後4時半まで)
会場 京都市美術館 別館 (岡崎公園内)
入場料 一般800円、団体500円(20人以上)、学生500円

会場は例年と異なります。
本館は工事中の為、別館での開催になります。

51回女流陶芸

是非、ご高覧いただきたく、ご案内申し上げます。
 
私も会員として出品予定です。 25日(土)に会場におります。

女流陶芸ホームページは、こちらをクリック→女流陶芸ホームページ

2017女流陶芸

先日は、瀬戸へ。 
ゆるり秋の窯めぐり。 春と秋に、2日間行われるイベント。

赤津エリアを散策しながら、10軒ほど窯元さんを見て回りました。
スタンプラリーに参加したり、値引き交渉をしたり、、。
里の空気。 名も知らない公園の、大きなイチョウの木。 
木の下のベンチに座り、おにぎりを。 葉が舞い散る中で。静かに。


特に、緑の器が増えました。
器は、料理も食事も楽しくしてくれます。 自作の器と合わせての食卓。


瀬戸ゆるり秋の窯めぐり

このところ、落ち着いて作陶出来ていない。
そろそろ集中したいところです☆







スポンサーサイト
第14回福岡女性陶芸会展、本日からスタートです。

福岡県立美術館 1階展示室にて。 11月5日(日)まで。
午前10:00 ~ 午後6:00。
入場無料です。

13名の個性、力強い作品が並びます。
多くの方に、ご高覧いただきたく、お知らせ申し上げます。


福女2017会場2

今回のテーマ作品は、酒器。
私の酒器は、オトナカワイイ感じです。


福女2017酒器

昨日は搬入。
作品と一緒に空を飛ぶのは、初めて。
台風の余韻か、雲が厚く、結構な揺れ。
搭乗手続きで預けた作品も、この機内の何処か暗いお部屋で、
私と一緒の揺れを感じているね。

眼下にヤフオクドームが。 
前夜の試合ではドームが膨らむほどだったのでは、、。
美術館までのタクシー、運転手さんが野球ネタで熱弁をふるう。 
福岡。


福女2017会場3

福岡女性陶芸会。 
私は転居で、今回の参加が最後になります。 残念。

作品は、バリカタ。 
展覧会に対する姿勢も、バリカタ。
その他の場面では、温かく、優しく。
そんな会の雰囲気が気に入っていました。 
仲間に入れていただき良かった。 沢山勉強もさせていただきました。 
出逢いに、感謝です。


福女2017会場

夕方に降りた中部セントレア空港。 空港内のお風呂。 
ジェットバスの勢いのある泡が、腰と足に効く。
仰向けで両腕を広げた飛行機ポーズで、ぼんやりと。

会の皆さんに今日お会いでき、嬉しかった思いと。 
別れと。


風に乗って、また福岡を訪れたい☆





第14回福岡女性陶芸会展、のお知らせです。
10月31日(火)~11月5日(日)、福岡県立美術館1階展示室、で行います。
会員それぞれの作品と、テーマ作品を、展示します。

ご高覧いただけましたら、幸いです。
宜しくお願い致します。

福女会2017 (2)

福女会2017

今回のテーマ作品は、酒器。
転居後、10日で作陶を再開できたのも、このお陰と思っております。
削りに使うシッタという道具も、引越しのどさくさで何処かに紛れ込み、見つからず。
バターの入っていたガラス瓶で代用、、
只今、本焼中。 
いくつか作りましたので、何とか間に合いそう、です、。
ギリギリは大嫌い。 今回ばかりは、ギリギリです。

週明け、作品を背負って福岡に飛びます。


瓶シッタ

雨の日が続きました。 しっとりと、美術館などを巡りました。

美濃陶磁歴史館、織部の里公園、荒川豊蔵資料館、美濃焼ミュージアム、へ。
織部の里公園内の元屋敷窯で記念写真。


元屋敷窯

日を改めて、
愛知陶磁美術館、瀬戸蔵ミュージアム、へ。
夕方の瀬戸川が美しく、川の音が、タイムスリップさせるようでした。



静かな雨ではなく、
強いシャワーより強く、
バケツをひっくり返したような。
バケツ10杯くらい連続で、頭からかぶったような。
それは雨水ではなく、釉だったのかも。 べったりと。

それでも、目は見開いて。
古いものばかりですが、私にとっては新しく。

ただただ、よれよれです。 
一度では受けとめられず。
私自身にもっと体力があれば、受け止めることができるのでしょうけど、、


再訪したい所ばかりです。 早速楽しんでいます。
「へうげもの」、読み直しているところです。







博多から名古屋へ向かう新幹線。 
車窓から一瞬、赤い煙突が集まる風景、備前焼の窯元だろうか。


福岡県から愛知県へ、転居しました。

お引越しでは、天地無用と書いた箱が、ひっくり返っていたり。
食器を詰めた重い段ボールを移動しようと、背中を丸め、よいしょっ!
真後ろにあった電動ろくろの受け皿に、背中を擦り、
背骨縦10センチほど皮がむけ、ピンクに。 ヒリ、ヒリ、ヒリ。


台所にあった電動ろくろ、今回は玄関にやってきました。

玄関ろくろ愛知

名古屋市中心部にある、ノリタケの森へ。
ノリタケミュージアムや広場など、雰囲気が良い空間です。

レストランキルンで、ランチ。 
お引越しで、お弁当やお惣菜の日々が続きましたので、
その美しい器での、ゆっくりとしたお食事は、心にも体にも潤いを与えます。
スパークリングワインも、いただいちゃったり。 

古い窯跡の巨大煙突の前で。 早速お買物もし、ご満悦。

ノリタケの森

全道展の機関紙「Zen」に、私の記事を掲載していただきました。
つたない文章ですが、これも私。 格好つけようがありません。

全道展ホームページから、読むことができます。
こちらをクリック→ 全道展の歴史「Zen」
「Zen」 No.54の、10頁目です。


中部・近畿のやきもの。 知らないことばかり。
歩き回りたい。 見たい。 そこに立って、感じたい☆






帰省の余韻。 
読み終えたばかりの小説「沈黙(遠藤周作)」の、暗い海。
そして8月に形作った作品の、素焼と本焼。
心も足も、もつれ気味。
明日に窯出しし、私の夏は終わりです。


札幌帰省中に、江別市セラミックアートセンターへ。
北のやきもの展示室、興味深く観ました。
北海道立近代美術館では、北海道美術50展が開催されていて、
北海道の陶芸(幕末から現代まで)の展示を観ました。
アイヌの絵付がされた古い器も。
共通して名前が出てきたのが小森忍さん。 憶えておきたい人のようです。


帰省から戻ると、応募していた公募展から、選外通知が届いていました。
力不足。 血となれ肉となれ。

帰省中の写真は無いので、何年か前に創った、おうしさんの写真を。

うしさん

8月中旬には、福岡女性陶芸会の親睦会が。
冷房のきいた部屋で、お食事をとりながら。
近況や、秋の展覧会に向けての打ち合わせなど。
今回のテーマ作品は酒器。 そろそろ形にしないと、、。
桜色の案内状、秋にも案外よく合います。
近くなりましたら、あらためてご案内させて頂きます。


福岡女性陶芸会展2017

大きめの作品作りが続きましたので、秋は少し小さなものを。
ろくろも、飽きるほど回したい。 、、案外すぐに飽きちゃう私ですけども。


地に立つ

どんな秋に、しましょうか。
どんな秋に、なるのでしょ。





Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター