気の向くままに 陶芸のことを
帰省の余韻。 
読み終えたばかりの小説「沈黙(遠藤周作)」の、暗い海。
そして8月に形作った作品の、素焼と本焼。
心も足も、もつれ気味。
明日に窯出しし、私の夏は終わりです。


札幌帰省中に、江別市セラミックアートセンターへ。
北のやきもの展示室、興味深く観ました。
北海道立近代美術館では、北海道美術50展が開催されていて、
北海道の陶芸(幕末から現代まで)の展示を観ました。
アイヌの絵付がされた古い器も。
共通して名前が出てきたのが小森忍さん。 憶えておきたい人のようです。


帰省から戻ると、応募していた公募展から、選外通知が届いていました。
力不足。 血となれ肉となれ。

帰省中の写真は無いので、何年か前に創った、おうしさんの写真を。

うしさん

8月中旬には、福岡女性陶芸会の親睦会が。
冷房のきいた部屋で、お食事をとりながら。
近況や、秋の展覧会に向けての打ち合わせなど。
今回のテーマ作品は酒器。 そろそろ形にしないと、、。
桜色の案内状、秋にも案外よく合います。
近くなりましたら、あらためてご案内させて頂きます。


福岡女性陶芸会展2017

大きめの作品作りが続きましたので、秋は少し小さなものを。
ろくろも、飽きるほど回したい。 、、案外すぐに飽きちゃう私ですけども。


地に立つ

どんな秋に、しましょうか。
どんな秋に、なるのでしょ。





スポンサーサイト
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

福岡県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター