気の向くままに 陶芸のことを
最高気温が35度にもなろうかという日の、真っ昼間。
瀬戸市の陶土採掘場で、黙々と。 
原土を採る。

第3回瀬戸・藤四郎トリエンナーレに、エントリー。
“自ら土を採集し” “自ら採集した土で粘土をつくり” “自らその粘土で制作する”
という、3年に一度の公募展。 
今、私、瀬戸市のある愛知県にいる。 挑戦してみよう!


スコップと長靴は、無いので、この日の為に購入。
テレビの中のスーパーボランティアさんが、土のう袋には半分まで!
と言っていた、それも参考になった、欲張ると持てない。
袋に描いておいた軽い絵に、途中励まされたり、、。 汗ダクだ。

6種類の原土から、自分の好みで、、。
相談コーナーには見本も有り、先ずは試し焼きをしてみること、
と、アドバイスをいただいたり。


原土からの土作りを、当たり前にされている方もいると思います。
私にとっては、初めてのことばかり。 勉強になります。 


粘り気のある木節原土を、スコップに力を込めて採っている時、
本当に幸せな気持ちになりました。 なんて贅沢な経験なのだろう、と。

場内は撮影禁止。 自宅玄関まで、たどり着いた袋達。
翌日には、肩から背中にかけて痛くて、バッキバキです。
作品搬入は来春。 長い道のり。 完成できますように。


瀬戸原土採集

愛知県陶磁美術館での「瀬戸の絵皿にふれる」講座の、2回目。
こちらは、エアコンがきいたお部屋で、ゆるりと時間が流れます。

沢山の絵皿を見てから、筆に慣れよう、というところ。
どんな絵柄で作ろうか、そろそろ考えなくてはいけません。
何となくとか、どうでもよいものにならないように、したいところです。

陶芸って面白いなー☆






スポンサーサイト
刃物で有名な関市の、関鍛冶伝承館へ。
日本刀ファン、というわけでもないけれど。
日本刀の美しい姿と、研ぎ澄まされ、張り詰めた刃先を見つめていると、
涼しいを通りこし、寒いくらいに、感じました。


秋に京都で開催されます、第52回女流陶芸展。
その準備もあり、京都へ。

今年の展覧会は、京都市美術館改装工事の為、スペースの関係で、
会員のみの展示となります。
今年に限って、公募がありません。 (来年は、公募を復活します)


詳しくは女流陶芸ホームページでご確認下さい → 第52回女流陶芸展
近くなりましたら、改めてご案内申し上げます。

2018女流陶芸

気になっていた、唐九郎記念館へ。 名古屋市守山区にあります。
大きな施設ではありません、地味です。 
作品が力強くて。
何か語りかけてくるようで、、。
また、季節を変えて行ってみようと思います。


唐九郎記念館

大物ふたつ、素焼きを終えたところです。
新しい環境での焼成。 気を張っています。
近日本焼、ゴールまでもう少しです。


シャチホコ植木鉢でお世話になった、愛知県陶磁美術館。
「復元古窯焼成 特別講座 瀬戸の絵皿にふれる」 という5回講座があり、
1回目に参加してきたところです。
最終回は焼成した器で、お食事会とのこと。 どうなりますか、楽しみです。

静岡はオレンジ色。 千葉は黄色。 福岡は水色。 
愛知は、今のところ、深緑色です。 

同じ夏は無い。 この暑さを、楽しみましょ☆






// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター