気の向くままに 陶芸のことを
第72回全道展。 会期終了を待たずに、札幌から戻りました。

約2時間のフライト。 帰りの機内で、ひとり静かに、缶ビールを開ける。 
この3日間の、色々な場面を思い浮かべて。

陳列作業後のご苦労さん会。 そのお店は、レンガのトンネル。
昔は、ビール樽の貯蔵庫だったとのこと。
まるで、大きな陶芸窯の中にいるよう、不思議な気分でした。


72回全道展図録

まだ新人ですから、分からないことは、尋ねたり、教えてもらうことが出来る。
大事な時です。

絵画、版画、彫刻、工芸の4部門。 計481点。
大きな会を動かすということ。
各セクションがきっちり仕事をして、動く。
当たり前のことかもしれませんが、それは大変なことです。
今の私から見えているのは、ほんの一部でしょうが、
それでも、漠然とですが、それを強く感じました。


微力ですが、そこに少しでも参加できたことは、嬉しいです。

72回全道展会場

工芸部門では勿論ですが、他部門の方との出逢いもあり、
目、頭、心、に、広がりができそうで、嬉しいことです。 有り難いことです。

緊張の中に楽しさがありました☆

会期は25日(日)までです。 ※19日(月)休館
詳細は全道展ホームページをご覧下さい。→ 第72回全道展
ご高覧いただけましたら、幸いです。

今日は、図録を眺めながら、どっぷりと余韻に浸り、
明日から、また作陶スタートです。






スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター