気の向くままに 陶芸のことを
九州では、土の中のもの。
金印もあった。 鏡や甕棺墓等も、、
特に、装飾古墳を覗いた時の感動は忘れられない。
上手な絵ではない。 動物や舟や星空や、、。 神秘。


こちらでは、城です。
地中から地上へ。 時代も駆け上がり。
名古屋城、清洲城、犬山城、岐阜城、彦根城、大垣城、、、と、私も駆け上がり、
当時からあまり変わっていないであろう、山や川や空を眺めたり。
男達の汗と、血のニオイ。

「へうげもの」(古田織部を主人公とした漫画)を、一気に読み返した。
今まで頭に入ってこなかった地名等が、現実と重なる。

歴史が少し面白くなってきた。


ほうばみそ

飛騨高山で購入した、朴葉味噌セット。
浅い土鍋があるとよいのかな、と思い、作っています。
土鍋って、蓋のサイズを合わせたり、穴を開けたり、持ち手をつけたり、、
難しいけれど、楽しい要素が、いっぱい☆


写真は、まだまだ途中。
年末年始は、この子達と過ごします。


今年もお付き合い頂き、ありがとうございます。
良いお年を、お迎え下さい☆





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター