拝啓 古田織部様

へうげもの

古田織部が好き。 永遠の片想い。

私を本気にさせたのは、この本との出逢い。

「へうげもの」 山田芳裕著 モーニングKC 講談社

武か数寄か それが問題にて候。  めたぁ。  はにゃあ。
と、そんな感じで始まるわけで・す・が


美術館や美術本など、どこかで聞いたことのある名品が、次々と登場!
勉強嫌いの私でも、何度も読み返しているうちに、少しずつ頭に入ってくるの。

小さい頃にも漫画を読む習慣が無かった私ですから、半信半疑でしたが、
感情豊かで、迷い、弱く、でもキメる時はキメる男!
そんな古田織部様に、ズドギュッ☆


このところの私は、チャレンジした茶陶の公募展も空振りで終わり・・
作陶中のものも、なかなか難しくて。
織部様に、励ましていただきたい気持ちです。(・・妄・想・中・・)


 拝啓 古田織部様
  一度でいいです お会いしたいです☆


 
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop
iichi(いいち)さんで、販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター