悪戦苦陶

昨夜は、NHK日曜美術館「半身の馬・大地の画家・神田日勝」を観ました。
当時の生活を写した古い写真と共に、作品が紹介されました。
私が生まれた年に、亡くなられたとのこと。

ジャンルは違います。
ただ、私と、「全道展」というキーワードでつながっている。

先月、受賞させていただいた全道展、今回で第68回。

全道展に限らず。大きな意味で。
お顔もお名前も作品も知らない、沢山の先輩達。
この時代を生きる私を支え導き、このような環境を与えてくださっている。


当たり前のことですが、あらためて、そのことに感謝を強めたところです。


陶子


さてさて、ずっと気になっていた本を、やっと入手!

   『陶子』 篠原とおる著 小学館

”血統はサラブレッド” ”25歳の若妻” なんてところは、
私と全く違うわけですが、、、


陶芸に夢中で、家事そっちのけの時も多々あり、協力的な夫をもち、
失敗も多いが明るく挑むっ!挑むっ!
ってところは私と似ていて、もうもう陶子ちゃんの気持ちが、わかり過ぎて。

楽しい本です☆

(日記のタイトルは、本の中からいただきました。)



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop
iichi(いいち)さんで、販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター