気の向くままに 陶芸のことを
つきのこえ

最近は、手びねりが好きですね。
切ったり貼ったりも好きです。
いわゆる、ろくろでスーッと、ひけちゃうものよりも。
(・・・スーッといかない時も、多々ですけどね)

好みは、また変わっていくのでしょうけど。

11年前にカルチャーセンターで習ったのが、陶芸の始まりです。
通い始めて1ヶ月目の頃だったでしょうか、

カリキュラムに、『土鈴』コロンコロンと良い音の鈴を作りましょう!と。


その時のノートを見てみますと・・
 本体は(お椀のような形を二つ作り)、切り口平ら。6・7ミリ厚さ。
 二つの口を同じに。
 1時間乾かす。
 とっては、濡れタオル。
 小さな玉を新聞にくるんで、キズつけ水つけ、本体を合わせる。
 おにぎりみたいにして(?)、少し乾かす。
 (鈴の音を出す為の)口をあける。2・3ミリ切り取る。
 少し乾いてから、とってをつける。
 

うーーん。
ノートは今でもつけていますが・・
相変わらず、ギリギリな感じですね。


この土鈴作りは、私の陶芸の原点かなと、よく思います☆
漠然としていますが。

どの工程も、土の乾燥具合がとても大事です。

(下の写真は、当時のノート、カリキュラム、そしてクマの土鈴!?)
土鈴


スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター