窯里ぶらり

氷河ってほど大きなものではなく、雪ほど柔らかではなく。
氷のようなものが融け始めて。地中にジワーッと、しみ入るような。
最近は、そんな、心もちです☆


時は止まることなく流れ、九州に来て3ヶ月が経とうとしています。
近い所から、やきものを見てまわっています。


唐津焼。
唐津城が眺める海は、静かで、スーッと引き込まれるような。
そして、城内に展示されている唐津焼の量が、ものすごいっ。
こんなに、やきものを抱えた城が他にあるのだろうか・・
こんなに、唐津焼を一気に浴びたのは、初めて。


有田・伊万里焼。
実は、有田の町には、もう3回行きました。3ケ月で3回。
レンタサイクルで走り回ったり、秋の陶器市、
三右衛門当主を訪ねるツアーに参加したり。
町に頑固さを感じました。
美しい色絵や染付を見ていると、自分も描ける気になるから不思議・・
見ただけで自分は何ひとつ変わっていないのにね。
だみ筆が、欲しくなります。
金液は、少量だけど買っちゃった。
伊万里港や大川内山地区は、年明けに。


小鹿田焼・小石原焼。
小鹿田の町は、陶芸の原点!って感じで。
山々に囲まれた小さな集落。10軒の窯元。それしかない。
唐臼の音が、響いていた。
私、こんな風景に包まれるのは、初めてで、
私がやっていることは、ほんの小さなことなのだと。


小鹿田唐臼

それぞれの窯里で感じた『プライド』。
関東ではあまり感じなかった『生活』。
もっともっと、色々と見て回ろう。
山口県の萩も思っていたより近いようだ・・



手作りサイトのiichiさんで、ネット販売始めました。
(右列の iichi というバナーを、クリック!)
最近どんなの作ってるの~?と、アルバム代わりに見ていただけましたら、
また、なにかプレゼント選びの際などに、思い出していただけましたら、幸いです。
まだ商品数が少ないですが、増やしていきます。
宜しくお願いします☆



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop
iichi(いいち)さんで、販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター