秋色の京都へ

立冬の福岡は、27.5度と、季節はずれの暑さでした。
暦の上では冬を迎えましたが、まだまだ芸術の秋が続きます。

第49回女流陶芸公募展のお知らせです。
会期 11月18日(水)~11月24日(火) 11月23日(月祝)も開館
    午前9:00~午後5:00 (入場受付は午後4:30まで・最終日は午後3:30まで)
会場 京都市美術館1階
入場料 前売500円・一般800円・団体500円(20人以上)・学生500円
詳細はこちらをクリック→ 
女流陶芸ホームページ

お近くにお越しの際には、お運びいただけましたら幸いです。
私は、11月18日(水)の午後に、会場におります。

女流陶芸2015

初入選から毎年出品し、今回が7回目。会員としての出品は2回目になりました。
京都市美術館は、平安神宮の大鳥居のすぐ傍にたつ、趣のある建物です。
写真は、昨年の会期中の京都市美術館です。


2014京都市美術館

紅葉も見頃と思われます。
写真は、昨年の清水寺のライトアップの様子です。
秋色に染まる京都。
今回はブラリする時間があるかしら、、早起きかな、、。


清水寺

瞬間瞬間を一生懸命に。瞬間瞬間で輝いていたい。
でも、時の流れのスピードに、心がついていけていない。
心がどこかに置き去りのまま、、
そんな感じです。




スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop
iichi(いいち)さんで、販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター