気の向くままに 陶芸のことを
秋の有田陶磁器まつり。
深川製磁さんの登り窯の攻め焚きを、事前予約し、見学してきました。


深川製磁さんは、歴史も古く、明治から海外にも愛好家が多く、
現在も宮内庁御用達とのことで、有田の有名なブランドです。

解説を聞きながら、職人さん達が煙の色を見て薪をくべる様子や、
あげてみと言う小さなぐい飲みを、引き上げる様子を、近くで見学。
温度は、既に1300度を超えているとのこと、、

「やってみたい方は、、」って、思いがけない、、いや、期待していた声がかかり、
はいっ!! 
女性は、、という空気もありましたが、いや、大丈夫!!
先ず、職人さんから指導を受けます。(この方、深川製磁の社長さんと、後で知りました)


深川製磁1

いざっ!!
5、6本の薪投入でしたが、楽しい、楽し過ぎる~☆


深川製磁2

安定している時で、支障の無い程度で、ということなのでしょうが、
作品がぎっしり詰められている、そこに、ド素人が投げた薪が飛び込んでくる、、
懐の深さを感じます。歴史ある窯場で、そんな体験ができ、嬉しかったです。


今回は時間が無かったので、今度ゆっくりと、チャイナオンザパークで、
展示や、ショッピング、お食事を、楽しんできたいです。
深川製磁チャイナオンザパーク


我が家から有田へは、車で行くのが簡単ですが、今回は電車を乗り継いで。
約2年前のお正月に、佐賀県立美術館で人間国宝四人展があり、その講演会で、
井上萬二先生が、「お正月は、松浦鉄道にのんびりと乗ってきました」と。
萬二先生は、どんな空や海を見たのだろうか?どんな景色を見たのだろうか?と。
機会があれば、松浦鉄道に乗ってみたいと思っていたのです。それで、今回。


クリスマス

博多駅も、美しいイルミネーションが点灯し、街はクリスマスモード。
ちょっと面白い作品が出来ました。
家の花壇に咲いていたお花を、アレンジしてみました。
それにしても、ちょっと、お花を入れ過ぎましたね、、
いつも、やり過ぎ、、余計なものを、そぎ落として。




スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2018 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター