好き 嫌い どうでもいい

「技法などわからなくても、作品を好き、嫌い、どうでもいいに分け、
なぜだろうと考えながら見てほしい。そうすると自分の価値観が蓄積される」
日本伝統工芸展福岡展で、作品解説された唐澤昌宏さんの言葉が頭に残る。

日本伝統工芸展とモネ展を同じ日に観たのですが、頭がゴチャゴチャします。

絵画の世界は、それこそ全くわからないのですが、それでも観るのは好き。
「睡蓮」も良かったけれど、「小舟」という作品も好きでした。


北海道

北海道をモチーフに、小皿を作りました。
雪、大通公園、星。

北海道生まれ、北海道育ちの私。
北海道と九州って、似ているところもあるけれど、違います。
九州は、大地のエネルギーを強く感じます。
北海道は、空がやさしく包んでくれます。


年末年始に形作っていた大きめの作品達も、素焼きを終えたところ。
ここからは、ここまで以上に、丁寧丁寧に。
大雑把な性格が出ないように、注意です☆





スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

福岡では唐澤さんが作品解説をされたんですね。唐澤さんには陶葉会の展示会で直接作品批評をしてもらいました。小杉さんや千田さんもいたので緊張して汗だくになりました。(;^_^A
今年はその会場に私の作品が展示されるように、必死で頑張ります!!!

ゴンタさんへ

コメントありがとうございます☆普段の自分を知っている人がいると汗だくになりますね、でも来てくれて嬉しかったですね。今回の福岡展は、日本橋三越のを小規模にした感じで展示数も少ないです。関東より大きな展覧会が少ないので、なるべく観にいくよう心掛けています。ゴンタさん、頑張ってますね~。bigになっても、私のこと忘れないでね~。
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop
iichi(いいち)さんで、販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット
link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター