気の向くままに 陶芸のことを
誰も足を踏み入れていない。 
風がつくるの? あの優しい曲線。
白が美しいのではない。 陰影が美しい。

札幌に帰省しました。 例年より雪が多くて。 
ただ美しく。 寒さも忘れてしまうほどに。


パイプ灰皿

82歳になる父は、パイプ煙草を楽しんでいます。
以前は普通の煙草でしたが、退職し、家でゆったり過ごすようになって、
パイプ煙草に変わりました。


6年位前に、私がプレゼントした、パイプ煙草用の灰皿。
市販されているものを参考に、スパークリングワインのコルクが立つように、
そして灰皿自体を持ちやすいように、形を考えて作りました。
大切に使ってくれていて、嬉しいことです。


お正月に偶然に見かけた、ルーヴル美術館のテレビ番組。
初心者にも分かりやすく、興味のきっかけになりそうです。

帰省したこの機会に、行ったことのある母から、写真や図録を見せてもらったり。
話は、ルーヴル美術館から、母が中国で見てきたという兵馬俑まで広がって。
その空気を想像し、眼を輝かせていた私です。


世の中が、ザワッザワッとしていて。
だからでしょうか。
静かで美しく、ゆるぎのない。 今は、そういうものに惹かれます。


004.jpg

少しサイズを小さくして、創っています。
まだまだ途中で、この後凹凹とするのだけれど、
凹する前のカタチ。張り詰めた感じ。
それがとても大事と、今更ですが、感じています。







スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター