気の向くままに 陶芸のことを
『炎芸術  NO.129 2017春』 という本。
昨秋の第50回記念女流陶芸公募展について、2頁にわたり掲載されています。
私の作品の写真や、作品についても少し触れていただいています。
大変有り難いことです。

炎芸術1

書店の工芸、陶芸コーナーで、お手に取って見ていただけますと、嬉しいです。


炎の芸術表紙

別府の明礬温泉に、青磁色の湯、があるというので、行ってきました。
裸で露天風呂に浸かり、頭だけ出していると、、、
青磁の大皿に、溶け込んでしまうような、そんな気持ちになりました。
宿の客間の窓から、少し見える青磁色の湯。


青磁色の湯

福岡三越で開催されていた、第63回日本伝統工芸展へ。
作品解説も、楽しく、勉強になりました。
数年前と比べると、私自身、少しずつ作品の見方が変わってきたかな。
その変化が、良いことなのか、、悪いことなのか、、
その時々で、目も心も変化していくのでしょう。


このところは、お祭りのようです。
素焼きを終え、施釉を待つふたつ。
電動轆轤では、紐積み中、、
作業台では、凹凹と、、

太宰府の飛梅も見頃を迎え、もうすぐで桜の季節がやってきます。





スポンサーサイト

管理者にだけ表示を許可する
// ホーム //
Powered By FC2ブログ. copyright © 2017 陶芸Room all rights reserved.
阿部綾子

 ayako abe

Author: ayako abe

愛知県在住

ごあいさつ
最新記事
阿部綾子 「陶歴」
shop

iichi(いいち)さんで、      販売しております↓             iichi | 手仕事・ハンドメイド・手作り品の新しいマーケット

link
link free
メール

名前:
メール:
件名:
本文:

カウンター